読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stoa派

ataraxiaへ。

近況報告、技術ないし知識と芸術について

 かなり久々の記事投稿になってしまった。あることを習慣とすることは、かなり能動的に動かねば難しいということをひしひしと感じる。気を取り直して4月から更新頻度を上げていこうと思う。毎日少しづつでも、その日の学びを書き留めておきたいからだ。今回の投稿は今日勉強したプラトンの芸術批判と筋トレについてだ。

 【結論】詩人・吟遊詩人・弁論家は知識(あるいは技術)ない。また、絵画において技術もない!!!!

【どういうことか】

 プラトンが生きた時代はあの「イリアス」とか「オデュッセイア」の作者であるホメロスが神みたいな存在だった。ホメロスの詩が道徳・教育の教材として使われていた。言ってみれば中国の孔子みたいな立ち位置だったのだろう。今から考えれば詩が教材に使われていたのは驚くべきことで、この時代は詩と学問は分離されてなかった。

 で、このホメロスの詩によって民衆を教育するの、民衆とホメロスとのパイプ役をしていたのが吟遊詩人である。つまり、吟遊詩人はホメロスの詩を民衆の前で詠んでいた。吟遊詩人はホメロスという教材を生徒に教える教師的な役割をになっていたのだろう。多分。

 教師的な立ち位置に立つ吟遊詩人はもちろん教材(詩)がどのようなものであるかは理解した上で聴衆(民衆)に伝達する必要がある。吟遊詩人たちは「その技術(知識)ゆえに」詩人の考えを理解して、民衆を教化しているはずである。

 しかし、プラトンの師匠ソクラテスはこう考えていた。「神的な存在のホメロスの詩が吟遊詩人たちによって正しく詠まれるならその他すべての詩人の詩も正しく詠めるはずである」と。

 吟遊詩人のイオンはホメロスの詩を上手く詠めたそうだが、ソクラテスの理論に当てはめてみると、イオンはすべての詩を詠めるはずである。しかし実際そうではなかった。ではなぜイオンは上手くホメロスの詩を詠めたのだろうか?

 ソクラテスの解答はこうである。”「神的な力(theia dynamis)」によってイオンうまく詠めた。”そうして吟遊詩人=知の不在だということを悟った。また、詩を作ることが可能な時はソクラテスによれば”我を忘れ、知性が存在しないとき”であるので、詩人も<知の不在>である。

 

どのようにして<知の不在>までたどり着いたかを詳細に今から書こうと思ったのだが、ここまで書くのに30分ほどかかったので今日はやめとこう。、、というかあんまり時間をかけすぎると続かない、。

 

ということで今日はここで終わり。

 

筋トレについての報告

ベンチ50kg*2set  45kg*2set  40kg*1set

ラット40kg*3set  35kg*2set  30kg*2set

順調に伸びてます。服を着てるとまだまだガリガリだが、ほんの少し変わって嬉しい。

おやす。、、、

 

 

 

5、6回目のジム と 集中講義

 少し時間が空いてしまったけれども、僕の身体も気候の厳しさも依然として変化の兆しは無い。

 ベンヤミンの「複製技術時代の芸術作品」を読了後、マルクス唯物史観が議論の俎上に上がることが多々あった。そこで、社会思想を大雑把に掴もうと、同じく岩波現代文庫にある「社会思想の歴史ーヘーゲルマルクスウェーバー」を図書館で借りようとしていた。だがしかし、あろうことか前回返却した本が少し延滞であったために、期日を待たねばならない状態にあることがわかった。くれぐれも延滞はしないように心がけなければならない。

f:id:ats_kage:20170207005145j:plain

これ。

 

 勉学の方面だが、春休みだから特に頑張りたいと思っている。今日は、英語講義を受けてきた。Toeflを受けようと思っているので、3時間近くリスニングとスピーキングを繰り返す英語講義は、スキル向上にうってつけである。単語帳も購入したので、準備は整っている。ドイツ語の習得もさることながら、Toeflスコア110を目指し猛勉強せんと意気込んでいる。

 

 

以下ジム記録(全て8-12rep)

インクラインベンチプレス 30kg*7 25kg*3 (最後まで重り有りでできるようになった!)

ダンベルフライ 7kg*5

これに加えて、足のトレーニング3種目も追加した。これからは週に1度のペースで足のトレーニングをする。

 

また腹筋ローラーを使ってのトレーニング

リストカールで前腕の強化も行なっていく。

 

ジム通いと食事制限が本格化し、そろそろわずかな変化が起こっても良いだろう。

before写真は忘れずに保存しているので、夏にbefore after写真を載せます。

 

 

終わり。

 

 

 

ベンヤミン 「複製技術時代の芸術作品」

 学問って本当に有機的に結びついている。「今更なにを」と思われるかもしれない。なぜそう思ったのかといえば、芸術の受容の容態と社会との関わりについて勉強していたら、気づけば言語学にたどり着いていたからだ。その経緯は以下のようである。

 今、ベンヤミンの「複製技術時代の芸術作品」精読を読んでいる。その8章でミメーシスという単語が出てきた。僕はその意味がわからなかったので、ググった。するとミメーシスは古代ギリシアを起源にする言葉だとわかった。調べたところによると、古代ギリシアにはディエゲーネスとミメーシスという概念があるようだ。前者は小説などの物や人などの描写部分にあたり、後者は会話部分を指すという。そして、ミメーシスはディエゲーネスよりも現実を反映するものとして、古代ギリシアの中ではより重んじられた。そのため会話が中心となる演劇が盛んだったのである。古代ギリシアでは、現実を反映しているということは、とりもなおさず、イデア(本質)を反映していることである。よってミメーシスはイデアのコピー(模倣)となる。ミメーシスは本質を映すものとして近世まで信じられてきた。しかし20世紀になって言語学ソシュールが「言葉とそれを表す対象との結びつきは必然ではなく、恣意的なものだ」と論じたために、ミメーシスは信じられなくなった。

はい。出ましたソシュール。となったわけだ。ベンヤミンを勉強していたらソシュールにぶつかる。ベンヤミンを勉強してたら唯物史観にぶつかる。それは自然と思われることだが、ベンヤミンを勉強していて、ソシュールに行き着く。とはまぁ普通思わないわけだ。

学問とは違うが、なんでも繋がってるという体験は感動を引き起こす。こないだ、ジブリの楽曲を聴きながらドライヤーをしていたら、なぜ?って繰り返していくと本当の原因を見つけることができるってよくいうけど。確かにそのような気がしてきた。

例えば、

A「布袋虎泰ってすごいよね。ナウシカ王蟲の声も布袋さんらしいよ。」

B「布袋さんて誰だよ?」

A「布袋虎泰はRIPSLYMEとかともコラボしてるすごいギタリストなんだ。」

B「確かに」という会話が成立したとする。

そうすると以下のような疑問が芋づる式に生じうる。

*「なんで布袋さんはすごいギタリストになりえたんだろう?」

*「布袋さんがバンドとして成功したのはなんで?」

*「もちろん音楽性とかもあるだろうけど、当時どうして布袋さんのバンドがばかうけしたんだろう?」

*「バンドが時代にマッチしていたっていうのもあるなぁ。」

*「じゃあその時代ってどんな時代?」

*「なんでそんな時代になったの?=歴史って知っとけばやっぱいいな。」

*「じゃあ歴史を分析するのはどう?それが例えばマルクス唯物史観とかなんかな?」

 

とカオス理論はたまたバタフライエフェクトが如く一気に世界が展開し始める。こういう感動をいつも絶やさず、勉強していこうと思うのでした。

 

おわり

Japan Coffee Festival

タイトル通り、ジャパンコーヒーフェスティバルという催事に参加してきた。

開催場所は下鴨神社であり、下鴨神社とは京阪出町柳駅から徒歩10分の世界遺産にも認定されている由緒正しき神社である。

 

正確に言えば神社の中ではなく、神社までのとてつもなく長い参道での開催だ。

こちらがその様子。

 

f:id:ats_kage:20170130001217j:plain

多い。、。

 

ここから参道(糺ノ森 ただすのもり)が始まる。

前方奥に見える白いブースが全てコーヒーの出店だ。

 

 

コーヒーといっても多種多様である。

産地や焙煎方法、豆を挽く粒度、お湯の注ぎ方。

私はコーヒーが「それなりに」好きという程度であり、家に豆もミルもない。

むしろそれどころかお湯に溶ける市販のインスタントコーヒーをマグカップに適当に入れ、適当に湯を入れて、頃合いを見て適当に飲む。

今回のイベントにはミーハー心で参加したまでだ。

とは言え、そんなミーハーにも味の違いがわかる個性豊かな店舗ばかりであった。

 

f:id:ats_kage:20170130001201j:plain

 

こちらは最後に飲んだ屋台の前で撮影した写真だ。

パンフレットによれば、どうやらこの店は熊本からわざわざ出店に来たらしい。

店主のおっちゃんが「今日早朝に熊本をでたと」前の客と会話していたのが聞こえた。

 

この屋台に並び始めたのが13時33分で、

コーヒーにありつけたのが14時23分。

なんと50分以上も並んだ。

まるでテーマーパークかと思われる長蛇の列を並び切ったコーヒーの味は通常の5割り増しで美味に感じられた。

 

3記事目にしてブログの主旨から逸脱してしまったが、このような催事など素敵な

体験をした時には、折角なので書き綴っていこうと思う。

 

 

おわり

2回目のジム

筋トレ記録

筋トレ開始とともに食生活と生活リズムの見直しを行った。

遅くとも12時までには寝て、7時間−8時間の睡眠をとる。

当たり前ですが、何かとしていると12時を超過している日々。

節度を持って生活していきたい。

健康的概日リズムの形成がひとまずの課題。

 

f:id:ats_kage:20170126232404j:plain

 

夏までの目標はこんくらい。

 

今日の筋トレ

 

 

基礎代謝はどうやら1580kcal

ある程度運動しているので2000はあるんじゃないかと思う。

それを踏まえてひとまず増量。

 

 

クリーンバルクのスタイルで増量していこうと思う。

(対義語:ダーティーバルク=とにかくなんでもいいからいっぱい食うスタイル)

中~高炭水化物 高たんぱく 低脂質のものを中心にとる。

食事は満腹になるまで取らない。

逆に食事回数を増やす5、6回が理想らしい。

 

朝:バナナ、プロテイン、野菜ジュース

昼:食堂:ご飯L以上、肉系。低脂肪。野菜多め。

晩:鶏胸肉、ご飯、ブロッコリーとアボカドと卵のサラダ。(作り置きをする)

寝る前:マルチビタミンプロテイン

筋トレ前:おにぎり

筋トレ後:プロテイン

 

こんな感じの食事をしていきます。

頑張るぞ〜

f:id:ats_kage:20170126232328j:plain

プロテインシェーカーを買いました。)

 

おやすみなさい。

このブログの目的について。

まだwindows2000とかの時代に、初めてパソコンを触ったのを覚えています。

リビングのパソコン台に置いてあった、肌色のデスクトップでした。懐かしい。

ブログというものが世間に出現し、

小学校?中学校?の時にyahooのgeocitiesでブログを開設して以来のブログです。

 

そのことを思えば、薄いmacの前でカタカタ文章を打っていることさえ、

少し感慨を覚えます。

当時のパソコンとこのマックの重さの比は1:20くらいじゃないだろうか。

技術的変化をひしひしと感じています。

 

主に自身の記録としてこのブログを運用してゆく予定です。

(近親者・友人が見ているので近況報告にもなれば良いと思っている。というか自己とその周辺の人以外見る人いないだろう。)

 

内容としては主に

 

  • 読書、勉強の記録
  • 筋トレの記録
  • ダンスの記録

 

にしようと考えています。

 

それでは。